読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sadadadの読書日記

読書した本のまとめ、読後所感、考えたこと



Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 メールで sadadadの読書日記 を購読する


ACから学んだ『こだまの法則』

考え方

最近ACの広告が頻繁に流れています。そんな広告の中で、言葉を言えば同じ言葉が返す『こだま』の存在についてハッとさせられることがありました。おはようと言えばおはようが返ってくる、もう遊ばないといえばもう遊ばないと返ってくる、ごめんねといえばごめんねと返ってくる。気持ちは言葉に乗って相手に伝わります。であるならば、出す言葉に対して気をつけることで受け取る人の印象を変えることはできるはずです。ちょっとした気遣いで、やさしい言葉が広がり、やさしい気持ちが広がるのならば、そうしない理由は何処にもありません。

わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集

わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集

1 言葉は自分の中で変換できる

普通は、悪い言葉で暗い気持ちになったり、良い言葉で明るい気持ちなったりするものです。それは、言葉に対して自分の気持ちが応答しているからと言えます。ならば、応答のスイッチを逆に入れれば悪い言葉を明るく受け取ったりすることもできるはずです。物事の捉え方を変えれば、いままで嫌いだったものが好きになり、納得できなかったものが理解できるようになります。捉え方を作っているのは自分ですから、変えることができるのもまた自分のはずです。

2 『こだま』は何処までも伝わっていく

まずは自分から良い言葉を発していくことです。そして良い言葉を受け取ったら素直に良い言葉を返すことです。一方で、自分から悪い言葉を出さないことです。そして悪い言葉を受け取ったら、反転させて良い言葉で返すことです。このことを心掛ければ良い言葉が自分を中心にしてどんどん広がっていきます。

  • 1 自分から良い言葉を出す
  • 2 素直に良い言葉を返す
  • 3 自分から悪い言葉を出さない
  • 4 悪い言葉を変換して良い言葉で返す

3 言葉で未来は変えられる

良い言葉を出すことに理由はいりません。同様に、悪い言葉を出すことにも理由はいりません。どちらを選択するか、そして選択しているかは個人の勝手ですが、どちらが周囲そして自分に対して良い影響を与えるかは明白です。今日一日も良くするために、いい言葉で世の中を満たしていきましょう。希望や夢は良い言葉から生まれます。明るい未来はあなたの良い言葉から作られるのです。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。
マザーテレサ


金子みすゞ詩集に注文殺到 きっかけはACのコマーシャル (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース はてなブックマーク - 金子みすゞ詩集に注文殺到 きっかけはACのコマーシャル (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

広告を非表示にする