読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sadadadの読書日記

読書した本のまとめ、読後所感、考えたこと



Subscribe with livedoor Reader My Yahoo!に追加 メールで sadadadの読書日記 を購読する


カラダの歪みは早く直した方がいいと思う理由

健康 考え方

姿勢が悪さは容姿だけに影響するものではありません。筋肉が衰え、腱が強張り、骨格を歪めて、肩こり、頭痛、腰痛等の原因にもなるのです。姿勢は、一朝一夕で作られるわけではありません。長年積み重なって出来るものです。急に姿勢を変えようとしても、姿勢は無意識に癖として体に染み付いていますので簡単には改善出来ません。姿勢を変えるには意識の改善と努力が必要なのです。


5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド

5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド

姿勢は日常のライフスタイルの中で作られる

昔は、主として人は重力に対して直立した姿勢で暮らしていました。ですから、骨格は重力に対して垂直に耐えるように作られています。しかしながら、現代の便利な生活においては、立ったり歩いたりする時間よりも座ったり寝転んだりする時間の方が長くなっています。ここに姿勢を歪める大きな要因があるのです。

外部的に姿勢を矯正する方法

姿勢を矯正するには、純粋に立ったり歩いたりする時間を増やせばいいのです。しかし、忙しい現代社会にそんな時間を確保するのも難しい方も多いと思います。そこで、座ったり、寝ているときでもできる矯正法があります。姿勢を意識して、体重を支えるポイントに対して、クッションを置いたりサポーターを入れたりと、体重をうまく分散させることで偏りを解消して歪みを補正することができます。


コンビ腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL

コンビ腰椎保護ベルト パワフルギア ワイドタイプL

内部的に姿勢を矯正する方法

根本的に自然に良い姿勢をとるためには、やはり体を支える骨格、筋力等を整える必要があります。骨格を正しい位置に据えるためには整体法、腱に柔軟性をもたせるためにストレッチ、筋肉の付き方を変えるために筋力トレーニングを行うのです。骨、腱、筋肉を鍛えることは容姿の改善にも繋がります。継続的にトライして健康で美しい身体を手に入れましょう。

変化は苦痛だが、それはつねに必要なものだ トーマス・カーライル

広告を非表示にする